顧客サービスの差別化策|ラウンダーで自分を肯定できる人生に|天職になる
ウーマン

ラウンダーで自分を肯定できる人生に|天職になる

顧客サービスの差別化策

男性

政府、日銀がGDPの年2%アップを目指して様々な策を打ち出していますが、消費者の消費マインドは高まらず、来日する海外旅行客増加に伴う爆買い等で観光関連サービス業が潤っている程度です。産業界では国内市場が芳しくないので、輸出増加への期待を高めていますが、多くのマーケティングリサーチ専門家はアジア市場始め、グローバル市場が勢いを欠いた、やや低迷状態で、一進一退状態を続けている状況が続く限り日本だけ輸出の増える要因があるわけでないと語っています。多くの業界が国内市場の飽和状態を感じとり、輸出に活路を見いだそうとして国内、海外の景気や消費動向、及び、市場規模等の把握、分析を試みています。しかしながら、製品に関する同業各社との競合状態を解消する新製品開発は容易なことでなく、類似製品の競合を続けていれば価格競争に陥りやすいわけです。そこで、マーケティングリサーチの分析結果から消費者のライフスタイルの多様化やネット情報により消費者が製品自体に特別な気持ちを持っているわけでないことに着目しています。

製品を消費者の元に届けるまでの顧客サービスに関するマーケティングリサーチによりブランドを前面に出した差別化を図る戦術を取り入れる企業が増えています。顧客が商品選びする場合は製品自体を過去に試し買いし、質的な面や使いやすさ等で不満のある製品は既に選別基準から除外してあるわけです。こうして、購入候補となる残りの製品の中から企業イメージで選択している消費性向がマーケティングリサーチの分析結果から読み取れています。そこで、多くのメーカーや販売サイドではいわゆる商品のブランド化が最優先すべき対策であるとの結論に行きついています。このため、販売市場で商品の供給が飽和状態の中で安心、安全面や品質面で問題を起こすような商品は論外とし、各社ともサービスを売り物にして消費者に選んでもらえる広告、宣伝合戦を繰り広げているのが実態です。しかも、店舗販売よりネット販売を志向する消費者心理が広まっているため、商品の売れ行きがネット上の口コミ情報で急変する可能性を持っているわけですから、消費者心理の動向把握がネット上で頻繁に行われています。